Filed under: RO / Tags:

ログインしてみよう。
……ロックかけてたの忘れてた……。
メールが届くまで30分かかるのに、毎回かけてる律儀な子、にこたま。
ロック解除メールが届いたころには日が変わってた。
ログインしたのはいいけれど、毎度のことながら消耗品露店くらいしかできない子なので、とりあえず露店。

露店で無料期間が終わりそうな気がする。すごく。

Filed under: MoE,RO,UO / Tags:

wpを2.9.xにするために、MySQL5のサーバにDBを再作成して、インポーt……
……ダメだ、ログが2MBを軽く超越してる……orz
思い切って、過去を振り返るべく日記を読み返しながら手打ちしてみた。

ああ、やっぱ僕にはUOが合ってたんだなぁと思った2002年の6月の日記。
いまじゃmizuhoに独りきりだけど、あの頃がちょっと懐かしい。
当時譲ってもらったおうちも引退者増加に伴って空き地ができてたから大きなおうちに立て替えちゃったりして、いろいろ過去の思い出は消えていってるんだけど、さ。

UOとシステムが似てるだけあって、MoEも相当楽しかった記憶が。
GMイベントとか相当楽しんでたようで、SSがいろいろ残ってた。
でもあのゲームはUOに比べるとずいぶんソロが厳しいんで、なかなかプレイする気が起きないんだにー。パッチだけはずっと当ててる、みたいな(爆

そしてROは初日からものすごく残念な気持ちにナッテルのに吹いたw
多分いままでで一番真剣にプレイしてたゲーム、のはず、なんだけどなぁw
うん、自分に合ってないのが最初からわかっていながらも、昔は結構頑張ってたからにー。
頑張ってた分、負った傷も大きかったゲームだった。
頑張ってたのを知ってるお友達は大半縁が切れたけど、いまも僕と仲良くしてくれるひとがいてくれて、僕が頑張ってたのを覚えててくれてるのが唯一の救いかも。
日記を読み返すと当時の記憶が……大事なお友達がいまもずっといるのがわかっていても、なかなかまともに復帰できないのは、やっぱり過去の傷が痛むからなのね。
頑張ろうとしてるのをお友達が助けてくれてた素敵な思い出の数よりも、苦手な狩りを頑張ってるところを邪魔していくBOTの嫌な思い出や頑張ってレベル上げてたのに要らんと言われた悲しい思い出、何年もプレイしてる割に恐ろしく上達が遅いんで臨時PTで罵倒された辛い思い出とかそっちのほうが圧倒的に多いのは、もはや如何ともしがたい……忘れっぽい僕なんだけど、苦い思い出ってヤツは忘れたつもりでも簡単に思い出してしまうんだコレがorz
ROに関しては、愛したくても愛せないってのはホント、なんだろうね、うん。
嫌いにかなり近くても、嫌いじゃないんだよ。ホントは好きになりたいんだけど、どういうわけだか難しい。
結構自分なりに頑張ってるつもりなんだけど、なかなか……。
マイナスの記憶を、時間かけてプラスの記憶で薄めて、が、簡単に出来る方法ないかなあ。
過去日記を読み返しててそう思った。

最近ほとんどまともに日記を書いていないけど、また日記を書くだけの余裕が作れたらなー。

Filed under: RO / Tags:

課金が切れたので1dayでプレイすべくネカフェへ。
引越でなかなかプレイできなかったけど、ようやく今回のイベントをプレイ。
うさぎのかたちをした微妙なかぶりもんがもらえました。

これ。
これ。

まあ、詳しくはROクエスト案内所でも見てもらうとして、所定のアイテムを用意してアマツをぐるぐる回ると、作ってもらえた。

5匹のウサギの位置関係
よく見ると5匹のウサギはこんな位置関係だったのね

渡すアイテムを選択する場合、ドロの塊、バーサークポーション、聖水、アノリアンの皮膚、アロエの葉を選んで渡すとBaseやJobがたくさん上がるようだ。

餅神様、がんばる。
餅神様、がんばる。

応援するとさらに光る。

モチイィィィ!
モチイィィィ!

さて、そのウサギ帽子をかぶってマップ右下のほうへ行くと、バーベキューができる。
僕もやってみたんだけど、本当に火加減が適当すぎて、本当に失敗が多かった。
香辛料もそう安いものではないし、ネカフェでのみ作成可能なトウモロコシにいたっては40Kもするので、失敗があるかと思うとそうおいそれと作れない。

でも作ってみた
でも作ってみた

まあ、このためだけにネカフェ行ってる僕乙、ってことだよね。

Filed under: RO / Tags:

こんなの要らないって意見が大多数……本当にデメリットしかない? 本当に???

格上の敵と戦う楽しみがない!とかいう話が。
だったら、格下の敵にのみ適用という方法がある気はする。
格上の敵には攻撃が当たりづらい・ダメージが通りにくいので、もう充分な気がしなくも。
格下に関しては、BOT対策の意味合いがあると思う。
今はもうBOTなんて居ないんだから必要ないじゃない!って声があったが、いないというのは嘘だ。
いる。
あいつらは消えてなくならない。
今はもういないからチート・BOT対策なんて要らないというのは、危機感がなさ過ぎる。
僕は昔のような思いはもうしたくない。
いつか戻ってくる可能性があるんだ。だから対策を怠ってはいけない。

また、生産や支援特化の人が苦労するだけだ!という意見も見られた。
生産特化に関しては「生産システムを見直すって意見はないの?」と思う。
本来生産に集中したい人に狩りを強いるという状況そのものをなんとかしたほうがいいんじゃないかと、それこそβの頃からずっと思ってる。
いろんなゲームで生産やってきたけど、ROの「生産キャラが戦闘でレベル上げしなきゃならない」ってのは、どうにも納得がいかない。
ROの生産システムのあり方を考え直すいい機会じゃないかと思うのは僕だけ?
UOにはバルクオーダー、Mabinogiには素材支給のアルバイトなど、生産職に救済措置があるってのに。製造を軽視しすぎじゃなかろうか。
そして支援特化に関しては、このバランスだと正直辛いなと思う。
他ゲームでは攻撃手段を一切持たないキャラを作ったりもしてるけど、どのゲームも支援特化だとレベル/スキル上げはしんどいのは確か。仲間と狩りに行かないと、なかなか成長できないし。
ROの場合、臨時は効率重視のギスギスオンラインだし、友達いないとホントに辛いよね。
戦闘をしないとまったく成長できないという極端なシステムのROの場合は(最近ぼちぼち出てきたけど)不死/悪魔系から得られるExpが増加するアコプリ用アイテムを実装したりとかは、アリなのかもなぁと。
あと、レベルの低い不死/悪魔系のモンスターは少ないので、そのへんの偏りをもう少し見直すとか。

ドロップ偏差に関しては、ぶっちゃけないほうが世界が平和になると思われる。
どうしても実装したいのであれば、生産などで使われるアイテムを変更したり、いろんな敵から得られるようにするなどのバランスの取り直しが必要かもと、思った。
そう、バランスで前々から思っていたことを。
カード? レア?
僕から見ると、カードはそのドロップ率の低さから本来もっと価値があってもよいはずのアイテムであり、そうそう手にできるものではないのでは?と思っている。
よって、カードを持っていることを前提とする狩りを提唱してる人たちって、BOTがひどかった頃の「カードはすぐ手に入る」感覚から抜け切れていない感がある。
(特化装備ありません、というと臨時で断られたり罵倒されることを何度も何度も経験してきたよ、僕は)
このズレにズレている感覚を修正するのは並大抵のことではないので、今回のドロップ偏差問題はアイテムの価値を考え直すいい機会なのかもね、と僕は思っている。

SakurayJって、いろんな意味で調整が極端すぎるのかなあ、が、僕の感想。

Filed under: RO / Tags:

ラグナロクオンライン運営チームです。

8/24より開始しましたエボリューションプロジェクト
第1期テストにおきまして、テスターの皆様には、
テスト開始直後からさまざまなご意見、ご要望をお寄せいただきまして
誠に有難うございました。

第1期テストでは、現行の運営バージョンと韓国実装バージョンの
差異を感じていただき、皆様のご意見・ご要望を鮮明にすることを
目的としておりました。

しかしながら、第1期テスト開始から現在までの状況を、
さまざまな観点から分析いたしました結果、
韓国で実装されているSakrayRおよび、それを基にしたSakrayJは、
日本のユーザー様の好む方向性とは異なると判断いたしました。

そこでこの度、
「日本で現行のSakrayR(J)を実装することはできない」
ことをグラヴィティ社にお伝えし、
ユーザーの皆様のご意見をもとに、再度両社にて
新しいラグナロクオンラインの形を検討することとなりました。

近日中にエボプロSNSを現テスター以外の方にも段階的に開放し、
さまざまなご意見を集めさせていただき、
改めて、10月上旬にグラヴィティ社と協議させていただく予定です。

今後とも、皆様に安心して楽しんでいただける
ラグナロクオンラインを作り上げるべく、努めさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

※これらに伴うスケジュールおよび内容変更の詳細につきましては、
 後日、エボプロSNSおよびエボリューションプロジェクト特設サイトにて
 発表させていただきます。

※第1期テストは予定通り9/18まで実施いたします。
 テスターの皆様にはレポート提出のご協力をお願いいたしますが、
 お尋ねする項目は、若干変更の可能性がございます。

※第2期テストにつきましては、
 レポートを提出していただいた方を中心に、
 3次職の体験プレイ(韓国で実装されている内容です)を
 実施させていただく予定です。

韓国で実装されたR仕様をそのまま日本に適用させないために、証拠固めしたのかなって感じがしてるね。
なんにせよ、よい方向へ向かうことを祈ります。

Filed under: RO / Tags:

運営チームの方の日記より。

木曜日の臨時メンテナンスにて、
韓国のSakrayR(当時)と同じ仕様…
つまり、モンスター経験値偏差や、モンスタードロップ偏差がある状態にいたします。
(やはり一度は、韓国とまったく同じ状態というのも
体験していただいて、比較の材料としていただきたいと思います)

おおおお。
ただでさえ攻撃当たらん><でイライラしてるところへ、さらにイライラ要素が投入されるか!?と皆様の反応が微妙まくり。
でも僕は、Exp偏差についてはアリだと思ってる。
極端な話、現在のかなり強引なパワーレベリングやポリンを倒し続けるだけでも発光できる仕様ってのはおかしいと思うのね。特に後者はBOTを使いやすい理由のひとつになると思うから。
ぶっちゃけ、Lv差がありすぎたらMobが「見えない」くらいで上等だとおもってるし。ああ、そうするとドロップ偏差と同じ問題が発生するか。
ドロップ偏差に対抗する策としては、低Lvドロップ用に1人、何度も作り直す予定のキャラを作っておくくらいしか思いつかなかった……。

Filed under: RO / Tags:

要望トピを見ていると、何を言ってるんだろう的な意見が散見される。

・Lvが上げる一方で下げられないから下げるNPCがほしい
→下げられないならキャラ作り直せばいいじゃない。一瞬なんだし。

・本サーバーにも見返りがほしい
→自分から志願してテストしてるんでしょう? いくらテストがつまんないからって、本サーバーに見返りどうこうとか、ムシがよすぎない?

・ロールバックの補償をしてほしい
→「テスト」サーバで補償しろとか、何考えてるの?

始めたときからずっと思ってるんだけど、君らテスターとしてどうなん?って態度の人が多いのが、ものすごく気になっている。
確かにSakrayJってかなり面白くないんだけど、だからってそこまでイライラするかい? カルシウム足りなさ杉ない?
スケジュール見てもわかるとおり、今すぐ面白くできないんよ。
つまんなくてテストやる気おきないのもわかる、僕もつまんないもん。
でも、いまここで、できる限りの問題点を挙げたりしておかないと、このまま実装されたら困るでしょ……と思うんだけど、もはやワガママ炸裂状態の人とかいて。
さらに、不具合報告と要望がごっちゃになってしまっている人もいる。混乱しすぎ。
果ては運営チームタグのついてる人の日記に暴言書き込んだりとか。みんなもちけつ。
まぁ、みんなのイライラについては運営側がもうちょっと情報開示してくれるといいんだけどなぁ。目的のないテストは確かに辛い。
というか、運営が何を考えているのかさっぱりわからんのが正しいか。

なんだろう、こんなもんなのかなぁ?
運営側もテスター側も、テストをなんだと思っているのか。

Filed under: RO / Tags:

これで上位職・転生職のテストがようやく楽に。
ああ、しんどいレベル上げから解放されて、純粋にスキルの使い勝手や威力のテストができる。
フロストノヴァを試したかった><

INTカンストでFN10をポポリンのそばで撃つ。
ダメ500、ポポリンが1撃で死なない。
凍ったり凍らなかったり。
範囲が広がっても、まあ、やっぱネタスキルなのね!

Filed under: RO / Tags:

運営チームメンバーの人の日記が更新されていた。

まだ第1期テストの途中ではありますが、
日本でのテストの現状、テスターの皆様の反応などを、

一刻も早くグラヴィティ社に
理解していただく必要がある

と判断いたしまして、急遽、訪韓することにしました。

来週の半ばから、私の上司の飯野と、ヒロたんと3人で行ってきます。

そこで、今まで質問させていただいた、
1問目と2問目を集計したものを中心に、
資料を作成して持って行く予定なのですが、
もう1問くらい間に合うかも!
と思いまして、3問目を追加させていただきました。

結構ギリギリのスケジュールですが、
頑張って集計します。

SakrayJ内で、「まだこれらの質問に答えていない」
という方がいらっしゃいましたら、
ぜひご協力いただけるように、
SNSの日記、ブログ、ゲーム内などなどでの
アピールをお願いいたします!

うん、運営のあせりようがわかる。
JP仕様で実装するよう確約を取ったって話だけど、ちゃんと書面で約束したのかな。
相手は日本人ではない。言うことをすぐひっくり返す韓国人だ。
そして、日本人よりもプライドが高い韓国人だ。
自国の製品を日本のユーザから真っ向否定されて、はいそうですかと言うような連中ではないということだ。
外国人と仕事をする上で、日本の常識は通用しないということをきちんと頭に入れた上で、交渉に当たる必要がある。
ビジネスにおいて、こんなにも礼儀正しく大人しく性善説に基づいた信用取引やってるのなんて、日本くらいしかないんだからね。
ガンホーも、親会社であるという威信をフル活用して頑張ってほしい。
稼ぎ柱、屋台骨が揺らぐっつうかべっきり折れるほどの大事態だからね、SakrayJ仕様のまま実装するってことは。

そしてその、3問目というのが、
「このままSakurayJ仕様が実装されたら続けるか、やめるか」
というものだ。

直球過ぎると大評判(?)の運営チームからの質問。
第3問目はこちらです!

「もしも、SakrayJ仕様が通常ワールドに適用されたとしたら、
その後もラグナロクオンラインを続けますか?」

純粋に「ゲームとして」お考えください。

つまり、ゲームとしては面白くないと思うけど、
「友達が残るというのであれば続けます」
「実は360Daysチケットを使ってしまっているので、
利用権がまだたくさん残っていたら、切れるまではやるかも」
などの“ゲーム外の”判断基準は入れない方向でお願いします!
こういう理由であれば「やめる」で!

逆に、ゲームとしては不満があるけど、
「今までの資産がもったいないからやめられないと思う」
などの場合は「続ける」でOKです。

また、「もう少し遊んでからじゃないと決められない」
「どちらでもない」という方は、
あくまでも現段階でどちらか、ということでお考えいただくか、
お気持ちが決まってから回答していただければと思います。

回答では、
・「やめる」か「続ける」のどちらかを冒頭に書いてください。
・「続ける」を選んだ方は、「どのくらいの期間続けられそうか」も一緒にお答えください。
・理由については、以前の質問への回答と重複すると思われますので、書いても書かなくてもOKです。

日記にも書かせていただきましたが、
来週、グラヴィティ社に行ってくることになりました。
大変恐れ入りますが、できる限り9/6までにご回答いただけますよう
ご協力をお願い申し上げます。
※期間を過ぎてからご回答いただくことにも、問題はございません。

上記にもあるとおり、現在の日本ユーザの意思を重力に伝えに行くそうなので、まだ運営からの質問に答えていないテスター達は、至急09/06までに回答!せよ!とのことだ。
現在、日付変更くらいの時刻になるとテスターが200人前後にまで落ち込む状態。エボプロSNSのコミュ参加者も1100人止まりなのを見ると、運営からの質問に答えていない人が多そうな気がしてならない。
(複アカ持ちの人が多重当選しているという話も聞くので、エボプロSNSどころかプレイすらしていないとカウントできそうなテストアカウントもあるかと思われるが……)

Filed under: RO / Tags:

さたさんより、話題が提供される。
「カレーうどんと白いシャツの相性が悪いのはなんとかならないのか」
いろんな案が出された。

・うどんにカレー粉をふりかける
・うどんにカレー粉を練りこむ
・思い切ってテーブルの形状をギロチン台状にして跳ね返りを防ぐ
・エリザベスカラー装着
・新聞に穴を開けてそれをかぶる
・透明なカレーを作る
・マカロニのように穴の開いたうどんにカレーをつめる
・カレーの芯をうどん生地で巻く

そもそも、白いシャツを着て食うな。と誰も言わないのが、みんなの素敵なところだと思う。

Older Posts »

にこにこにこたま is prowdly powered by WordPress